現場作業のイメージ改善を図る

同社は現場作業着にまつわる「汚い」「危険」などのネガティブなイメージを払拭するため、“スーツを作業着にする”をコンセプトに女性社員を中心に開発を行なった。外見の印象を改善することで現場作業自体のイメージアップを図り、作業員の意識向上や、現場作業員の人手不足問題の解決を目指す。初年度は清掃・設備・建設業界を中心に約1億円の売り上げを目標としており、すでに都内23区内のごみ収集業を手掛けるエール(YELL)が導入を決定している。

Share this...
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter